ツイキャスをしている理由と誰でもラジオについて

こんにちは、2月下旬は20、21、22と3日連続でツイキャスをした岡村です。

 

これだけツイキャスをしているとやはり友人からはよく

「なんでツイキャスをしてるの?」と聞かれてしまいます。

ぶっちゃけ一番は「楽しいからやってる」くらいの感覚なのですが、 

理由をあげるとなると話は以前に書いた記事の内容につながると思っています。

jinsolgraffitibook.hatenablog.com

 

この記事では、ブログをやっているのは

自分の好きなこととか考えていることとかをとりあえず友人間で閲覧可能な状態にしておく

ためだと言いましたがツイキャスもそれに近いです。

「自分が言いたいこととかをやりたいこととかを知り合いが聞ける状態にしておく」

ことで自分とか自分の周りになにかしらの影響が及んだらいいなと思っています。

それは、自分のキャスを聞いてくれてた友人と会ったときに「この前こんなこと話してたよね」って切り出してくれるというだけでも価値のあることなんじゃないかなと思っています。

 

さて。

そんな感じで楽しく仲間内だけでツイキャスをやっていた僕ですが、

つい先日友人のきねくん(@warauhoutei)とひたすらツイキャスをやるという

誰でもラジオ(@daredemoradio)という新たな場所(媒体?)を作りました。

今までは「僕がただ仲の良い友人がだべり(時には大喜利をし)仲の良い人が反応してくれてうれしい」だけだったのですが、

きねくんの提案により、「僕ときねくんがやることで参加者の間口がもっと広がっていろんな人と話す機会が生まれたらいいよね」ということで

この企画は始まりました。

最初は共通の友人から、そして片方の友人、ゆくゆくは僕ときねくんも知らない人とかと話したり出来たら楽しいね、って思っています。

ラジオで遊ぶ ということをきっかけに(名目にして)、ローカルなつながりが広がったり今までのつながりがより強固になっていったらいいな、という思いです。

 

それはラジオじゃなくても読書会とかでもいいんじゃないかと思うかもしれませんが

いろんなひとが集まって気軽に自由になんでも話せるプラットホームの一つとして

僕たちはラジオというかツイキャスを選んだ、ただそれだけの話です。

 

参加者の方には、いざ参加してみたら気まずい・・みたいなことにならないよう

僕たちも精いっぱい努力していきます。

 

ちょっとでも興味をお持ちの方は

誰でもラジオ(@daredemoradio)アカウントにDMやリプライなどを送っていただけると嬉しいです。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク