どうも、たけちよです。

 

 

どうも私、たけちよ。 と申します。

 

「たけちよ。」です。句点もセットです。

今、電車に乗っています。

 

暇なんで岡村くんとLINEしてたらブログを書いてみないかと言われました。なので暇つぶしとして岡村くんのブログを借りて自分の近況を書いています。

 

さて、私が今何をやっているのかと申しますと、「日本一長い切符」を買ってひたすら電車に乗っています。

 

「日本一長い切符」と聞いてみなさんはどう思うのでしょうか。

 

なんか、凄そう、

 

なんか、長そう。

 

なんか、やばそう。

 

なんか、、、

 

そうなんです。この話をすると、鉄道知らない人は語頭に絶対「なんか」とつくのです。

無理もありません。電車なんて一般人からしてみれば交通手段でしかないし、ルートなんて定期券作る時や旅行の計画立てる時くらいしか考えないんじゃないでしょうか?

 

だから「日本一長い」と言われてもピンと来ないんだと思います。

せいぜい勘のいい人でも北海道から九州までの何となく長いルートくらいにしかイメージ出来ないんじゃないでしょうか。

なんで、この際僕がどういうルートを辿っているのかをざっとお見せします。

 

 

 

f:id:jinsolgraffittibook:20180220003613j:plain

 

これが、僕が今辿っているルートです。

 

分かります?

この日本地図にうねうね線が書いていると思いますが

 

これを「全部通るのです!」

 

しかもこのルート何がすごいって

 

「全部一筆書き」 なんです。

 

つまり、ゴチャゴチャしているように見えて、

「同じ駅を通っていない」のです。

 

だからルール上、「片道」の切符です。

性質上「池袋→新宿」の切符と同じです。

 

この最も長い「片道」の切符が俗に言う「日本一長い切符」というわけです。

 

具体的にルートを言いますと、出発は日本最北端の駅 稚内駅 終着は佐賀県肥前山口駅というところです。

そして経由地は、以下の通りになります。

 

f:id:jinsolgraffittibook:20180220003457j:plainf:id:jinsolgraffittibook:20180220003511j:plain

 

ね。

 

「なんか」凄そうって次元超えてるでしょ。

 

これ、「本気で」ヤバいんです。

 

距離にして大体1万キロ!

値段は73000円(学割の値段)!

有効日数(切符が使える期間)は56日!(普通は大体1~2日くらい)

 

僕でも訳わかんないです。。

 

そんな切符がこちらになります。

f:id:jinsolgraffittibook:20180220004019j:plain

切符なんですこれが、、

 

当たり前ですが、自動改札へは通れません。

いちいち駅員さんに説明しないと行けません。

しかも見せる度にこの切符の説明をしないといけません。面倒いです笑

 

ちなみに56日間ずっと改札が出れないかと言われればそうではなくて、有効日数以内で、ルート上であればいつでも途中下車することができます。

 

途中下車する際、改札では下車印というものを押してもらうのですが、この切符半端なく途中下車出来るので、今、僕の切符はこんな感じになってます。

f:id:jinsolgraffittibook:20180220004105j:plain

 

ちょっとしたスタンプラリーみたいですね。

 

ところで、ここまで読んで「このルートってたけちよ。が全部1から考えたの?」って思った方いらっしゃると思いますが、そんなことはありません。

 

実はこの切符、鉄オタ(特に乗ることをメインとする乗り鉄)の間ではかなりポピュラーな切符で、先人達がルートを算出してくれているのです。

 

僕も彼らが作ったルートを参考にしました。

 

この切符に挑戦して分かったんですが、僕の他に結構挑戦した人は居るみたいです。

 

でも、なかなか上手くいかなくて断念する人も多いとの事です。(運休とかで。)

 

この切符を達成するには相当運も必要なんです。

 

そして、この切符ってそもそもどうやって買うのかという話もしなければいけませんが、意外や意外「みどりの窓口」で買えるのです。

 

みどりの窓口で先程の経由地を見せて「この区間の切符を作ってください」と言うだけです。

 

ね。簡単でしょ?

 

 

言うだけならね。

 

 

僕が作った時は、経由地を見せたあとに、職員さんが控え室に引っ込みました。そしてずっと出て来ませんでした。

 

10分くらいしてやっと出てきて

 

「この切符作るのに、2ヶ月かかります」

 

と言われてしまいました。

 

ちょうど、その時は2018年の1月2日

 

「え、間に合わないやんか!卒業するやん俺!」

 

と思って交渉した挙句、何とか「1ヶ月」で作ってもらうことが出来ました。

 

こうしてやっと二月の頭から「日本一長い切符」の旅をスタートさせることが出来たのです。

 

作るのも大変、やるのはもっと大変。

 

なんでこんなことするのかと言われれば、

 

 

日本一長い切符に乗りたいから!

 

 

ですね。なんというか、ロマンです。

 

 

まぁ、青春18切符とかで鉄道でぐるぐる旅をするのが好きな自分としては「日本一長い切符」に対する憧れもありますし、有り余る時間とある程度の金があるのは今しかないってのもあります。

 

でも、そんなこちゃこちゃした理由は幾らでも言えるのですが、結局のところ「やりたい!」という単純な気持ちが僕を突き動かしているのでしょう。

 

この気持ちは旅に限らず、今後の人生でも大切にしたい気持ちです。

 

さて、僕は今稚内をスタートしてから15日目。どこにいるかというと、なんと八王子にいます。なんだ東京にいるじゃねぇか!とお思いでしょうが、これまでに稚内からあのルートを通って来たわけですからね、積もる話は沢山あります。

 

 

それは追々僕個人のブログなどに書くとして、今日の旅の目的地、岡村くんの家へと向かいます。

 

 

スポンサードリンク